性病に見られる攻撃性

体に元々存在する真菌が
競合していた別の細菌が抗生物質などによって死んでしまうと
その真菌の力が大きくなって感染症へと変化してしまう場合があります。
このように何らかの理由でそれまでのバランスが崩れることによって
攻撃性を持つ菌へと変化し、感染症を引き起こす原因となる場合があります。

そのひとつとしてあげられるのがカンジダ菌です。
カンジダ菌は通常、身体の一部に付着している真菌の一種で、
それ自体のみでは感染症を引き起こすものではありません。
カンジダ菌は女性性器の周りに付着していることが多く、
妊娠することによってホルモンバランスの変化から
性病であるカンジダ感染症となり、攻撃性のある症状が出ます。

その攻撃性は耐えきれないほどの強い痒みを伴い、
白濁した豆腐カスのようなおりものが大量に出るようになります。
出産までにこのカンジダ症を治しておかないと、
感染した膣を通って生まれてきた子供にもカンジダ菌の影響が出て
鷲口瘡やオムツかぶれなどの感染症を引き起こすのです。
感染症にかかった乳児は感染の程度によって重症化する場合があり
更に症状がひどくなると発熱やショックを起こします。
大人とは違ってまだ発育が発達途上の乳児には
度合によっては体内の器官が機能しなくなり、死の危険も十分にあるのです。

くれぐれもカンジダ感染症にかかってしまったら
出産前までに、抗真菌薬の軟膏を塗ったり
座薬として膣に入れたりすることで治すことが先決です。

口や皮膚、膣、腸管などに付着しているカンジダ菌は恐ろしい菌ではありません。
しかし、それが感染症に変化すると、
免疫力が低下している人や、乳児のように免疫機能がまだ十分に働いていない人には
死の危険もあるということを理解しておきましょう。

宿泊の際に性病が疑われる場合の言い訳

性病は自覚症状がないものも少なくありません。
女性ならば性器の臭い・おりものの異常・痒み・できものなどの症状であらわれることがあります。
男性ならば性器のできもの・膿のような色がついた液が出る、強く触ると痛みを感じるということが特徴的な症状です。
意識的であろうと、無意識であろうと性病が疑われる相手との性行為は絶対に避けるべきです。
パートナーと宿泊をする際に、上記の諸症状が相手にみられた場合は即行為を中止しましょう。
接触してしまった場合は医療機関に診察・相談したほうがいいでしょう。
「男(女)にはよくある普通のことだよ」と、さもさも性別が異なるから知識がないといったような言い訳をされることや「強く触るから痛いだけ」とごまかされることも多いでしょう。
自分でも病気だと認めたくない場合もあるので、強い口調で言われてしまうと納得してしまう危険性があるので気をつけましょう。
どんなに言い訳をされても大切なパートナーならば性病の可能性が高いことを忠告して、医療機関で診察を受けるように説得することがやさしさです。
反対に宿泊を伴う外出を計画中に自分が性病に罹ってしまったり、病気が疑われる症状が出た場合は性行為をしないだけではなく、近い時期に性行為をしたパートナーにも検査を勧めるべきです。
まだ、一度も性行為をしていない相手ならば、仕事や体調の事情で宿泊ができなくなったと言い訳をして病気が完治するまで延長するように話し合うのもいいでしょう。
どう言い訳してもされても、性行為を行わないことが大切です。キスやペッティングでも感染することがあるので注意が必要です。
流されないように強い意志を持って感染を防ぐようにしましょう。

イボや高熱をともなう性病とは

性病というのは性行為によって感染をしてしまう病気のことを指していますので、同じ性行為がきっかけであるとはいえ、その症状は種類によって大幅に異なってきます。
こうした性病のなかでも、陰部、場合によっては口のまわりなどに米粒ほどのイボのようなものができるという初期症状がみられるのであれば、軟性下疳のうたがいがあるといえます。
軟性下疳は、国内ではあまり例がなく、海外のほうがむしろ発症例が多い病気ですが、性病のなかでは典型的なもののひとつで、梅毒や淋病などと並列して紹介されることもある病気です。
この軟性下疳は、細胞のかたちが棒状になっている細菌の一種によって引き起こされる病気で、当初はイボのようなものができるだけですが、やがてつぶれて潰瘍となり、さわるとはげしい痛みがあります。
また、潰瘍ができたあとでしばらくすると、太ももの付け根のあたりのリンパ節が腫れてくるとともに、高熱が出てくるといった症状に進むことも多いといえ、潰瘍もだんだんと固く成長してゆきます。
この軟性下疳にかかってしまった場合ですが、通常は病院で必要な検査を受けたあと、サルファ剤のような抗菌薬を処方してもらい、これを何週間か服用しつづけるという治療方法がとられることになります。
サルファ剤ではなく、別の種類の抗生物質を処方されることもあり、場合によっては経口服用ではなくて、病院で注射によって薬剤を注入されるということもありますが、一般には注射のほうが効果は高いといえるでしょう。
また、潰瘍になってしまった部分については、別に軟膏タイプの医薬品が処方される場合もありますので、ていねいに患部に塗ってようすをみるということになります。

茶色のおりものや痩せる時は性病を疑う

性病は自分には関係がないと思っている人でも、おりものの変化や体に異常が現れた時には、性病を疑ってみたほうがいいかもしれません。
例えば、おりものの変化が現れた時には、いつもと違うと気づくことでしょう。
おりものの変化としては、臭いがきつくなったり、茶色っぽいおりものや白いぽろぽろとしたおりものなど様々な変化が現れることがありますので、おかしいと思ったら性病を疑い、検査をしてみなくてはなりません。
茶色っぽいおりものが出た時には、性病だけではなく、他の病気のうたがいもあります。
怖いのは子宮外妊娠や子宮頸管ポリープ、子宮頸がんなどが考えられますので、性病だからそれほど気にしなくてもいいなどと安易に考えないようにしなくてはなりません。
そのまま放置しておくような事になれば、さらに体に変化が現れてくるような事もあります。
痩せるような事になれば、子宮頸がんが疑われてくるようになるでしょう。
子宮頸がんは、早く発見することが出来れば、治療可能な病気でもあります。
体に変化が現れた時に放置し続けてしまえば、どんどん病気は進行していく事になりますので、気付いた時には早く病院に行くようにしなくてはならないのです。
性病も怖い病気ではありますが、将来子供を授かりたいと思うのであれば、自分の体は大切にするようにしなくてはなりません。
性病だけではなく、他の病気も悪化してしまえば、大切な子宮に影響を与えることになってもいけないからです。
子供を産み育てていくためには、健康な子宮がなければいけません。
健康状態を知る為にはおりものはいい判断材料になりますので、日々チェックするようにして、少しの変化も見逃さないようにしていきましょう。

性病と推移と血管について

梅毒という性病があります。

この性病は、昔の中国、または昔、江戸時代などに遊郭などで大流行した恐ろしい性病であり、感染力が非常に高いものであることから、当時の人たちに大変恐れられていた性病の1つです。

この性病である梅毒は、当然ですが細菌が引き起こす性感染症であり、 症状については3段階に分類がされています。
梅毒の症状としては、陰部などに、痛みのないびらびらとしたものが出てきてます。

第二段階になると発疹や発熱、酷い疲労感、そして食欲の減退が現れてきます。
この段階で治療などを行わないと、心臓や脳にまで、また脊髄やその他の器官にまで、梅毒の菌によって、体が侵されてしまいます。

このように昔は猛威をふるった梅毒ですが、現在では、ペニシリンという開発薬が出来ていることから、梅毒を治癒させることができる、とても素晴らしい時代になっています。

上記のように、江戸時代などにはこのようなペニシリンは存在しなかったため、多くの方が犠牲になりました。

梅毒の推移ですが、アメリカでは、症状が出て、診断を受けた患者さんの数は1990年に約5万人と最高になっていましたが、2000年になると、その数はわずか約6000人と減少しています。

しかし、また逆に、2006年には梅毒の患者さんの数は9000人以上に増加した傾向があります。

このように、ペニシリンという治療薬はあるものの、患者さんの数の推移は、年毎によって、増加したり減少したりといった、傾向が見られます。

梅毒の体の中の様子ですが、梅毒の細菌は、腟や口などの粘膜や皮膚、または傷口などを通って体の中に侵入を行い、数時間のうちに付近のリンパ節に到達します。その間に、血管を通ってばい菌が広がり、そのまま血管の血の流れに乗ったまま、全身に広がっていきます。