若者に増加中の性病、性感染症は婦人科での検査を

性病などの検査をするのが怖くて、恥ずかしくて病院に行くのが怖いって方、多いのではないでしょうか。
しかし、放っておくと、将来自然妊娠や出産が出来なくなることもあります。気になる症状がある時はすぐに検査に行きましょう。男性は泌尿器科。女性は婦人科ですぐに検査出来ますし、症状が軽い時には薬を飲んできちんと治療すればすぐに治ります。
HIVやエイズ、その他の性病や性感染症など、メディアでもよく取りざたされてますが、若者には届いているのでしょうか。
近年では性病や性感染症に10代後半から20代前半の若者で増加してます。性器クラミジア感染症、淋菌感染症、性器ヘルペス、突圭コンジローム、膣トリコモナス症など、さまざまです。無性侯性あるいは比較的症状が軽くて、自覚症状のないパートナーから知らないうちに感染させられてたとのケースが多々あります。違和感があれば、感染症を疑い早期に検査する必要があります。女性の場合ですと、オリモノが臭い、オリモノの色がいつもと違う、膣が痒い。男性の場合ですと、オシッコをする時に違和感がある、血が出た。などなど、症状が少しでもあれば検査して下さい。
若者に性病や性感染症が増加した理由はさまざまですが、初交年齢の早期化、セックスパートナーの増加、性行為の多様化、オーラルセックス、AVビデオなどの間違った情報など。パートナーが多様化する場合、コンドームの使用率の低下があげられます。
初交年齢の早期化から分かるように、10代のまだきちんとセックスに対して認識をしていないままにいると、コンドームの使用方法や性感染症などの勉強も不十分でかかってしまうケースが多い事に対して、もっと年配の方々の話を耳にしてもらう時間があればいいですね。