おしっこ時の痛みや多発性筋炎の恐れのある性病とは

性病は性交渉をすることで感染するものです。種類は数多くありますが、感染するとおしっこをするときに痛みを感じたり、残尿感などがあり違和感を感じることがあります。感染症ですので多発性筋炎という筋肉に力が入らなかったり、筋肉に痛みを感じる病気になる可能性もあります。性病では尿道炎が一番多く、性器に膿が出ることもあり、排尿時に痛みが出てきます。性交渉はもちろん、オーラルセックスでも感染する可能性がありますので不安な人は医療機関で検査をしてみることがおすすめです。クラミジアが一番多い性感染症で、日本では10代から20代の女性に多く感染しているのが現状です。女性は下腹部に痛みを感じるケースがあります。抗生物質を飲むことによって1か月ほどで治療することが出来ます。症状がなくなっても実際は感染しているケースもありますので医師の処方箋に従って薬を飲むことが一番です。放置することで感染者を増やす可能性もあり、HIVに感染する確率は4倍にまで高まるので注意が必要です。自分だけのためでなく周囲の人のためにも適切な治療を行う必要があります。HIVに感染する可能性が高まる理由としては性病になっている状態は免疫力が弱っている状態ですので細菌やウイルスが入ってきやすい状態といえます。HIVに感染すると死ぬというイメージがある人が多くいますが、早期発見することによってエイズの発症を抑えることができるようになっております。HIV予防のためにもコンドームを着用して性交渉をすることがおすすめです。オーラルセックスでは喉にも感染しますので女性はラップを利用したりすることで未然に防ぐことが出来ます。体調の変化や違和感を感じたらパートナーと一緒に医療機関へ受診することがおすすめです。